採用情報

社長メッセージ

採用情報 > 社長メッセージ

雑誌×定期購読=趣味・嗜好の巨大なData Businessだ


当社の社名である「富士山マガジンサービス」。
頭に「富士山」なんて単語がつくので、よく私の講演会や株主さん向けの説明会で「お宅は雑誌の本屋さんでしょ?」や、かなり勘違いされると「富士山の写真集でよく上場しましたね」などと言われます。
この見方は当社に対する大きな誤解です。正直、「雑誌の本屋さん」をやるなら、私はAmazonを辞めていません。

その道の玄人、その道が好きで好きでたまらない編集者の皆さんが、精魂込めて作った芸術品である「雑誌」。
当社は、この「雑誌」を愛し、編集者とともにその道を究めて行こうとする定期購読者の皆さんの趣味・嗜好を分析し、皆さんの趣味の世界を広げ、生活を楽しくさせるイベントや物販等のサービスを提供していく、所謂“「趣味・嗜好」のプラットフォーム”を手掛けております。

「趣味・嗜好」のインターネット分野におけるAmazonや楽天を、当社は目指しています。
まずは、「雑誌なら富士山」、最終的には「趣味・嗜好」なら「富士山があればいいじゃん」と言ってもらえるポジションを築きたいです。

今、当社が手掛けている雑誌の定期購読販売サイト【fujisan.co.jp】は、この目的地へのエントリーポイントにすぎません。
当社が目指す「趣味・嗜好」のプラットフォーム構築のためには、まだまだ足りないサービスやシステムの改修ポイントがあります。

当社に興味を持っていただいた皆さんと、願わくば、ともに世界の頂上を目指して登山をしたいと思います。

私とこの山を征服してくれる心強い仲間になってくれる方、ぜひ、ご応募をお待ちしております。

 

                                株式会社富士山マガジンサービス

                                  代表取締役社長 西野 伸一郎

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加